recd2

uchikawa六角堂を運営している株式会社地域交流センター企画は、昭和61年創業以来、まちが元気になる様々なしくみづくりをしてきた会社です。私たちは、日本が世界に誇る伝統文化や地域の生活文化が凝集された唯一の「生きている地域資源」が古民家だと思っています。地域特有の町並みをつくり出している重要なコンテンツです。これらを失うことは、地域のアイデンティティを失うことに等しいと考えます。地域のアイデンティティを失うことは、例えるなら日本の国道沿いがすべて同じ風景に見えるようなものです。

古民家を活用するには目的にあった改修、リノベーションが必要ですが、もっと広い概念で利活用を考えることを「Reデザイン」と言っています。

Reデザインとは

  • 古民家とその地域が刻んできた歴史や文化を記憶します。
  • 懐かしさと新しさのちょうど良い心地よさを追求します。
  • 伝統家屋ならではの空間的な魅力を最大限引き出します。

recd3

こだわり

お店づくりの場合は、地域のにぎわいづくり、社会貢献につながる仕掛けを一緒に考え、店にも地域にも利益をもたらしたいと願います。住まいづくりの場合は、都会では決して味わえないような贅沢な時間を過ごす事のできる演出を行い、精神的な満足度を高めたいと願います。古さとは、新しさとの比較によって引き立ち、魅力を放ちます。そのために、古い建材や在来の間取り、伝統的意匠がもつ普遍的な「デザイン端子」を介して新しい建築との調和をはかります。

仕事の範囲と進め方

ちょっと変わってます。つくる過程を楽しんで頂きたいので、コミュニケーションを密にしたいのです。

  • アイデアゼロからの相談に対するアドバイス(特定の古民家を何とかしたいという思いからスタート)
  • 古民家物件探し、移住(富山県限定)までのサポート
  • 店づくり、住まいづくりの基本構想・コンセプト(体験共有とワークショップなど)
  • ゼロからの店舗経営アドバイス(人材育成、メニュー開発、情報発信、イベント企画、収支管理など)
  • 空間デザイン(建築設計、インテリアデザイン、照明など)※設計は提携している建築家に依頼
  • 施工管理・コーディネーション(途中でイベントなどしましょう)※施工管理は提携している建築家に依頼
  • 建築施工は工務店の紹介をさせて頂く事も可能です。

recd3

予算の目安

  • 住宅の場合は、改修工事にかかる費用の10〜15%くらい。
  • お店などの商業施設の場合は、基本料金が改修工事にかかる費用の10%に加えて、経営面のアドバイス料は範囲と期間によって異なります。施設の目的が社会貢献型であればあるほど値引きいたします。

まずはお気軽にご連絡ください。ワクワクするようなお話を聞かせてください♫

株式会社地域交流センター企画 富山事務所(明石博之)
電話:076-481-6011 mail:recd@jrec.co.jp