mountain

社会に提供できる企業価値

全国の様々なまちづくりをコーディネーションして磨いた「ポテンシャル発掘力」

地域の課題をワークショップと社会実験によって解決する「ソーシャルデザイン力」

市民や商店が主体となったソーシャルビジネスを生み出す「プロジェクト実現力」

活動ポリシー

recd_design
以前から使われている「街づくり」や「町づくり」は、市街地開発や街並整備といったハード整備のイメージが強いに対して、比較的新しく登場してきた「まちづくり」は、市民や地域コミュニティが参加するイベントやマップづくりなどのソフト整備をイメージして言う場合が多いように思います。しかし、どちらも確固たる定義はありません。

私たちが考える「まちづくり」は、そこに住む皆さんが主体性のあるヴィジョンを描き、最終的には何らかの「しくみ」をつくることを目標にしています。日本の人口が減少し、高齢化率が高まり、以前のような大量消費の時代は終わろうとしています。世の中の流れが大きく変わろうとしているとき、いつまでも政治や社会のせいにしていては何もはじまりません。

これからの「まちづくり」は市民の主体性が重要です。純粋に楽しいこと、幸せを感じること、感謝されて嬉しいこと、そういったことが出発点になっている活動やプロジェクトであれば、きっと上手くいくと思います。最初から公益性などを求める必要はありません。本当にいい取り組みであれば、まちが変わっていきます。そして、しっかりと地域にお金がまわるよう、堂々と儲けましょう。

まちづくりで大事にしたいこと

まずはビジョンありき

世の中には「目的」と「手法」が混同しているプロジェクトが多いように思います。例えば「まちに沢山の観光客を呼び寄せる」は、目的ではなく手法です。そもそもなぜ、まちに観光客が必要なのか、沢山の観光客が来たら何が変わるのか、などを考えてみると「なんのためのプロジェクトなのか?」という疑問がわいてくると思うのです。次に思い描きたくなるのは、まちはこうありたいというビジョンではないでしょうか。このビジョンに共感する人が多いければ、多いほど、参加や協力してくれる人が増えて、大きな力を生み出すことができると思うのです。

主体性のある活動であること

頑張っている市民や団体の代表者と事務局となっている行政の担当者が会議室に集まって、ある事業説明会が開かれたとします。担当者は理解してもらおうと説明に必死で、市民の皆さんもせっかくだから協力しようと質問に必死です。しかしながら、どの会話にも主語が存在しません。「誰が誰のために」という大事なことを置き去りに計画ばかりが先に進んでしまう…、わたしたちはここに問題があると思います。とても基本的なことですが、やるべきこと(実施内容)と、やる人(実施主体)はセットなのです。さらに強力な主体性を発揮させるためには、市民が自ら発信した目的やビジョンをプロジェクト化することが重要です。

しくみをつくること

まちづくりは、精神的な部分と経済的な部分があります。自己実現や自分磨き、社会に奉仕したいという純粋な気持ちで行うことは誰に言われることもなく、誰が押し付けるわけでもなく、自発的にやるべき精神的な活動です。一方、経済的な活動はしくみ(システム)として機能させる必要があると思います。言い方を変えると、しくみさえできれば、経済がついてくるという発想に転換することができます。地域の問題解決やまちのビジョンの実現をそこに住んでいる人々が主体となって自ら実践する、いわゆる「ソーシャル・ビジネス」や「コミュニティ・ビジネス」に近い考え方です。